“みけん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ミケン
語句割合
眉間97.1%
未見2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いつも穏やかな、微笑を含んでいるような唇が曲り、眉間にするどいが立ち、両頬の肉が切りそがれたように落ちくぼんでみえた。
刀は、惣七の額部をかすめて、むかし女のことで惣七が眉間に受けた傷のうえにもう一つ傷を重ねて、血が流れたのを、お高は見た。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
結びて懷姙なしゝ一子なるが民間に成長して後未見父君將軍と成しかば證據へて訴へ出たるなればよしお世繼とせざるまでも登用てもて生涯
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
などゝ面々は、創立には未見の人であつたのも一奇ふべきであります
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)