“まっしろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
真白91.0%
純白5.0%
雪白2.0%
素白1.0%
蒼白1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それだから一夜に事の起った時は、冬で雪が降っていたために、鳥博士は、帽子も、服も、靴まで真白にしていた、と話すのであった。
神鷺之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
純白の裏羽を日にかがやかし鋭く羽風を切って飛ぶは魚鷹なり。その昔に小さき島なりし今は丘となりて、そのには林をらし、山鳩栖処にふさわしきがあり。
小春 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
まず食堂は、雪白食卓掛卓子を蔽い、天井には飾燈をつるして、そこから大きな丸い明りが落ちるようにすること。夜は暖炉のそばで新聞を読むこと。左右に幕をあける式の寝床。
孤独 (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
官女が前後を取巻いて、お夏さんが東の方に、通ったと謂う評判で、また勝山が焼けるちっとばかり前、緋の袴を穿いた素白な姿の者が、ちょうどその屋根の上あたりを走るのを
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そう唱えると共に、ふしぎな力がわいて、彼女は、蒼白えていたを、きりっと、真っ直に上げた。自分の力でないようなものが、そのを厳然とささえた。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)