“ふせん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
富贍23.8%
附箋23.8%
膚浅19.0%
付箋9.5%
膚淺4.8%
不宣4.8%
浮船4.8%
符箋4.8%
覆薦4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中学時代に、自分ながら誇っていた想像の富贍なことなどは、もう俺の頭の中には、跡形もなくなっている。が、ともかくこの脚本を書き上げる。
無名作家の日記 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
一度こちらから親の家へ尋ね合した手紙は、久しく前に移転して住所不明の附箋で返されて来た。
過去世 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
榛軒は先づ桂川桂嶼と所見を同じうして、晩出蘭学者の飜訳書に由つて彼邦医方の一隅を窺ひ、膚浅粗漏を免れざるをつた。しかし榛軒のは此に止まらない。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
我等は日ごとにペトラルカの深邃なる趣味といふことを教へられき。ハツバス・ダアダアの云ふやう。膚淺なる詩人は水彩畫師なり、空想の子なり。
主公はわが學の膚淺なるを責め給へり。
粛啓 いつでも人間をやめ得る覚悟を考えており候えども、覚悟の腰がふらついて困り候う。しかしお陰でからだのほうは大いによろしく候う。不宣
廃める (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
追うも追われるも、これ屍体にあやつられる浮船である。
空中墳墓 (新字新仮名) / 海野十三(著)
符箋が二三ついてるから、よく調べると、山城屋から、いか銀の方へして、いか銀から、萩野へ廻って来たのである。その上山城屋では一週間ばかり逗留している。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
この歌の「はぐくむ」は翼で蔽うて愛撫する意だが、転じて養育することとなった。史記周本紀に、「飛鳥其翼を以て之を覆薦す」の例がある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)