“ひよこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
45.5%
雛子27.3%
雛児9.1%
雛鶏9.1%
9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「今別当さんが鶏を縛って持って行きよります。ひよこは置こうかと云いますが、置けと云いまっしょうか。」
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
この間までお酌というひよこでいたのが、ようよう drueドリュウ になったのであろう。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
こっちの姿を目がけて、むこうから素ッ飛んで来る城太郎の影は、ちょうど烏天狗の雛子ひよこというところだ。
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
川端で鯉を料理して、そのはらわた雛子ひよこにやると、大騒ぎをしてべた。
由布院行 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
お祖母様が雛児ひよこのように抱いてござった小児こども衆も二人、一所いっしょに死んだぞの。
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一羽の雌鶏めんどりはけたたましく鳴きながら、雛鶏ひよこたちを呼び集める。
博物誌 (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
たまたま鷹やふくろうひよこ一疋金魚一尾捉られる位は冥加税みょうがぜいを納めたと心得べしと説いた、現に田辺附近で狐を狩り尽くして兎が跋扈ばっこし、その害狐に十倍し弱り居る村がある、されば支那人もつとに禽獣が農事に大功あるを認め