“しんふらん”の漢字の書き方と例文
語句割合
心不乱100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と一心不乱いていたが、つた、夫婦もひツそりした。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
心不乱いでいたおさんまでが、かけで、きながら、ぞろぞろつながっててくる有様は、流石江戸物見高いと、勤番者をひっくりさずにはおかなかった。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)