“しろしやつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
白襯衣50.0%
白襦袢50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白襯衣らしいに、流行の編襟飾けて、浪人とはにも受け取れない位、ハイカラに取りろつてゐた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
平岡は、白襯衣中途げて
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
派手好きな鴈治郎は、刃傷の場で思ひきり派手なき方をして舞台を巧くへてかうと註文をつけてゐたらしかつた。で、火熨斗をあてた白襦袢のやうに、真青に鯱子張つて舞台へ出た。