“しろシャツ”の漢字の書き方と例文
語句割合
白襯衣100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
半身とは云え胴衣が二つ見えるだけである。服はフロックと思われるが、背景の暗いうちに吸い取られて、明らかなのは、わずかにるる白襯衣の色と、額の広い顔だけである。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
先生の白襯衣白襟を着けたのはいまだかつて見た事がない。
永日小品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)