“シユミイズ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
襯衣50.0%
白襯衣50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
下では色色の煮物の鍋が口をいて湯気を立てて居る。上の綱から女の襯衣猿股の雫が滴らないとは誰が保証しやう。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
古びたも同じくオリイヴ色である。襯衣は三日に取換へるので白く目立つて居た。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
キキイは頃から蒼ざめた顔をして居た。灰色を帯びた色の髪を無造作にねて、多分其れ一枚しか無いのだらうと思はれるやうな古びたオリイヴ色の外套を襯衣の上から着て居た。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
従つて寄席の客の大半は労働者で帽や白襯衣を着ない連中が多く、大向から舞台の歌に合せて口笛を吹いたり足踏をしたりする仲間もあつた。演じた物には道化た流行唄や曲芸などが多かつた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)