“しろしゃつ”の漢字の書き方と例文
語句割合
白襯衣100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その時も、手で突張ったり、指で弾いたり、拳で席をいたり、(人が居るです、——一人居るですよ。)その、貴下……白襯衣君の努力と云ってはなかった。誰にも掛けさせまいとする。
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
片肱を白襯衣の肩へ掛けて、円々しいを頬杖でせかけて、何と、危く乳首だけ両方へかくれた、一面にけた胸をずうずうとって、(おお、辛度。)ととらしい京弁で甘ったれて
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)