“しでえ”の漢字の書き方と例文
語句割合
次第100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
難有えことに不具でも世話すべつちいものもあるやうなさなあ、でも人間次第だよ、おめえだつてくんでばかり他人にやはれてべえぢやねえけえ、そんでれもたが
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
兄でもからもう面目次第もねえ、じゃア後でっ付けやしょう、此様な嬉しい事アござえやせん……何でえう立って見やアがんな、彼方へ行け
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
本当に冗談じゃアねえぜ、だがの……金で生命は買えねえや、え、おう、何処へ相談しに往きねえな、旦那に逢ってう云いねえ、泥坊に奪られて誠に面目次第もござえやせん
文七元結 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)