“さておき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
扨置33.3%
休題33.3%
偖置33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
掛ずだと斷念て御辛抱を成されなば大旦那にも安心致され家督を御り有れんと思ひらすことも有ば何は扨置御家督を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
取落したるとや夫はにても見しならん萬一に落したり共此所の店にては有まじ夫れは外をされよた處が二十兩は扨置二兩の金も持るゝ樣な人物ならずと散々に罵りければ老人は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
休題、南町の桐楊塾は、監督が祖母さんで、同窓がたちで、更にる処が無いから、天下泰平、家内安全、鳳凰は舞い次第、英吉は遊び放題。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
調へて其外劇場見物花見遊山などにも同道して只管氣に入るゝやうにぞ仕掛ける夫は偖置爰に澤井友次郎夫婦びに若黨忠八は藤澤宿を立て其の日の中に江戸に馬喰町の宿屋に足を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)