“けいれん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
痙攣98.0%
係恋0.8%
蕙蓮0.4%
景濂0.4%
頸聯0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
顔面神経痙攣とでもいうのだろうか、時をおいて顔にデリケイトな痙攣がおこり、同時に、喉の奥のほうからなにかがこみあげてき
季節のない街 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
海の玉藻に対する係恋とも云うべきもので、「思ほえむかも」は、多くは恋人とか旧都などに対して用いる言葉であるが、この歌では「玉藻」に云っている。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
「私は昔の蕙蓮じゃない。今はお蓮と云う日本人だもの。さんも会いに来ない筈だ。けれども金さんさえ来てくれれば、——」
奇怪な再会 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
蕙蓮にしたと云っても、帝国軍人の片破れたるものが、戦争後すぐに敵国人を内地へつれこもうと云うんだから、人知れない苦労が多かったろう。
奇怪な再会 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
は、景濂金華潜渓の人なるを以て潜渓す。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
七律の頸聯に「只得佳人頻一笑。何妨才子共長貧。」〔佳人ノ頻リニ一笑スルヲ得/何ゾ妨ゲンヤ才子共ニ長貧ナルヲ〕と言っているから酒をる美人も舟の中にいたのであろう。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)