“けいれん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
痙攣98.2%
係恋0.9%
景濂0.4%
蕙蓮0.4%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やがて真佐子の顔の痙攣けいれんはげしくなって月の出のように真珠色しんじゅいろの涙が下瞼したまぶたから湧いた。
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
彼は死の湖水へ棄てられたのであった。二三人が船を押しやった。と、船は痙攣けいれんしながら、沖の方へすべって行った。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
全体がむつかしくない、赤人的な清朗な調べの歌であるが、菫咲く野に対する一つの係恋けいれんといったような情調を感じさせる歌である。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
海の玉藻に対する係恋けいれんとも云うべきもので、「思ほえむかも」は、多くは恋人とか旧都などに対して用いる言葉であるが、この歌では「玉藻」に云っている。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
あざなは、景濂けいれんそのせん金華きんか潜渓せんけいの人なるを以て潜渓せんけいごうす。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「私は昔の蕙蓮けいれんじゃない。今はお蓮と云う日本人にほんじんだもの。きんさんも会いに来ない筈だ。けれども金さんさえ来てくれれば、——」
奇怪な再会 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
この病院へ来た当座は、誰が何と云った所が、決して支那服を脱がなかったもんだ。おまけにその犬が側にいないと、金さん金さんとわめき立てるじゃないか? 考えれば牧野も可哀そうな男さ。蕙蓮けいれんめかけにしたと云っても、帝国軍人の片破かたわれたるものが、戦争後すぐに敵国人を内地へつれこもうと云うんだから、人知れない苦労が多かったろう。
奇怪な再会 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)