“あこがれ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
憧憬92.9%
係恋5.4%
1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二十一歳のショパンは、とうとう憧憬のパリにはいった。一八三一年のパリは文字通り世界文化の中心で、さながら燎乱の花園であった。
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)
これまで対象のない係恋に襲われたことのあるに比べて見れば、この空想の戯れは度数も多く光彩も濃いので、純一はこれまで知らなかった苦痛を感ずるのである。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
丁度お前が浮世榮華てゐるやうに、俺は智識慾にしてゐる………だから社交もなら、芝居見物も嫌さ。家をにしろといふのは、も人を寄せてキヤツ/\とツてゐろといふのぢやない。
青い顔 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)