“きっぱり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
判然33.3%
決然33.3%
断然22.2%
明確11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とのみ。渠は判然きっぱりとものいえり。
琵琶伝 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
判然きっぱり言う。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
女は断然かしらを振ったが彼がなお執拗に云うや、足をもって床を踏み鳴らしつつ、ルパンにも聞き取れるほどの声で決然きっぱりと云った。
水晶の栓 (新字新仮名) / モーリス・ルブラン(著)
何という皮肉の言葉ぞ、今の自分ならば決然きっぱりと、
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
気を判然はっきりして出直して、切物きれものか、刃物の歯ごたえのあるようにして、私に断然きっぱり
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
仕方がないから、例の某大家にすがって書生に置いて貰おうとすると、先生は相変らずグズリグズリと煮切らなかったが、奥さんが飽迄あくまで不承知で、先生を差措さしおいて、御自分の口から断然きっぱり断られた。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
「奇麗でした」と女は明確きっぱり受け留める。あとから
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)