“はきはき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
判然66.7%
豁達33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まるであなた鉄砲玉のようで——あれも、始終しじゅう身体からだが悪いとか申して、ぐずぐずしておりますから、それならば、ちと旅行でもして判然はきはきしたらよかろうと申しましてね——でも、まだ、何だかだと駄々をねて、動かないのを、ようやく宗近に頼んで連れ出してもらいました。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
男のように判然はきはきしたところのある奥さんは、普通の女と違ってこんな場合には大変心持よく話のできる人でした。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
小野さんはなぜこう豁達はきはきせぬのかと思う。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)