“おふだ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
御札45.5%
御符36.4%
御護符9.1%
神符9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そうさ、鍛冶町かじちょうを通ったら、娘に霊厳寺れいがんじ御札おふだを一枚もらってきておくれなさい」
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
母の枕もとの盆の上には、大神宮や氏神うじがみ御札おふだが、柴又しばまた帝釈たいしゃく御影みえいなぞと一しょに、並べ切れないほど並べてある。
お律と子等と (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
其容子を見て居た人は、デカを可愛がる人であったので、デカを連れ込んで、水天宮すいてんぐう御符おふだなど飲ましたが、駄目であった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
可心は、黒島でうけた御符おふだを、道中安全、と頭陀袋ずだぶくろにさしていた。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「今度、出て来てみたら、正太の家には妙なものが掛けてある。何様とかの御護符おふだだげナ。そして、一寸したことにも御幣をかつぐ。相場師という者は皆なこういうものだなんて……若い時はあんな奴じゃなかったが……」
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
このことの有った後は母の神経に益々ますます異常を起し、不動明王を拝むばかりでなく、僕などは名も知らぬ神符おふだを幾枚となく何処どこからかもらって来て、自分の居間の所々しょしょはりつけたものです。
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)