“おごふ”の漢字の書き方と例文
語句割合
御護符100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
笹村は御護符おごふや御札を欲にかかって買おうとするお銀をき立てて、じきにそこを出た。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)