“うつす”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
92.3%
撮写7.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日はひるすこし過ぎ、空は高いが、何処どこからとなく、うつすらした雲のかさが、白くよどむで来ては掻き消えてゆく。
観相の秋 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
かつせえまし、かたからむねあたりまで、うつすらとえるだね、ためしてろで
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
撮写うつすのは嫌だ、と云って写真はくれず、母はね、いまわの際まで、お友さん、姉さま、と云ってお前に逢いたがった。
錦染滝白糸:――其一幕―― (新字新仮名) / 泉鏡花(著)