“いけな”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
不可97.4%
不好2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そうかい、そう思っていれば間違はない。他人のなかに揉まれて、とは直ったかと思っていれば、段々不可くなるばかりだ」
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
うねえ、もきくなりたいの、らずらずのに』とつてちやんは、『三ばかりぢや見窄らしくッて不可いわ』
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
も取返しが附いての身の上になつたからつて、とも好い事はない、もつと不好い事もあつた……で、臥反りを打つて、心の中で
椋のミハイロ (新字旧仮名) / ボレスワフ・プルス(著)
兎に角を食うた。飯を食うとやがて男が「腹が痛い」と云い出した。「そう、余程痛みますか」と女がわしそうにきく。「今日汽車の中で柿を食うた。あれが不好かった」
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)