“いくり”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:イクリ
語句割合
幾里80.0%
海石20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
むかし道中だうちうをしたといふ東海道とうかいだう里程りていを、大津おほつからはじめて、幾里いくり何町なんちやう五十三次ごじふさんつぎ
十六夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
幾里いくりも幾里ものあいだ、ただいちめんに青すすきの波である。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)