“降込”の読み方と例文
読み方割合
ふりこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は洋燈持出して庭をすと、足跡はに残っているが、人の形は見えぬ。燈火彼地此地へ向けているに、雪は渦巻いて降込んで来た。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
空は同一ほど長方形に屋根を抜いてあるので、雨も雪も降込むし、水がつてれて居るのに、以前女髪結が住んで居て、取散かした元結つたといふ
処方秘箋 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
火桶けると、机に降込んだ霞があった。
霰ふる (新字新仮名) / 泉鏡花(著)