“金慣:かねな” の例文
“金慣:かねな”を含む作品の著者(上位)作品数
泉鏡太郎1
泉鏡花1
“金慣:かねな”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
はたせるかな銀貨ぎんくわうまんでるから、金慣かねなれた旦那だんなものどうぜぬ番頭ばんとう生意氣盛なまいきざかり小僧こぞうどもまで、ホツとつておどろかして、てんからつてたやうに、低頭平身ていとうへいしんして、
人参 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)