“紫白”の読み方と例文
読み方割合
しはく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
金砂子覆輪を取った螺鈿鞍に、燃ゆるような緋房をかけ、銀色の紫白の手綱。——甚内の眼は射られた。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
もろもろの陰は深い瑠璃色に、もろもろの明るみはうっとりした琥珀色の二つに統制されて来ると、道路側の屋根の一角がたちまち灼熱して、紫白光芒撥開
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
紫白手綱を、左手に引きしぼり、右手に使いなれた無反りの一をひっさげた龍太郎は、声もたからかに
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)