“紅葉舘”の読み方と例文
読み方割合
こうえうくわん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寢間時計の十二をつまで奧方はいかにするともくてがへりしは氣味にもなれば、らぬ浮世のさま/″\より、旦那樣去歳今頃紅葉舘にひたとひつめて
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)