“溝端”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
どぶばた66.7%
みぞばた33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“溝端”を含む作品のジャンル比率
文学 > その他の諸文学 > その他のヨーロッパ文学5.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ツァウォツキイは今一人の破落戸ごろつきとヘルミイネンウェヒの裏の溝端どぶばた骨牌かるたをしていた。
いよいよ谷深く、水がうるしを流した溝端どぶばたに、いばらのごとき格子さき、消えずに目に着く狐火が一つ、ぼんやりとして(蔦屋つたや)とある。
第二菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
とどの顔も白茶しらちゃけた、影の薄い、衣服前垂きものまえだれ汚目よごれめばかり火影に目立って、すすびた羅漢の、トボンとした、寂しい、濁った形が溝端みぞばたにばらばらと残る。
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
溝端みぞばた片陰かたかげに、封袋ふうたいを切って晃乎きらりとする、薬のすずひねくって、伏目に辰吉のたたずんだ容子ようすは、片頬かたほ微笑ほほえみさえ見える。
浮舟 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)