“汚目”の読み方と例文
読み方割合
よごれめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
染綿は汚目の附かぬため羽織と著物との間に挟んだり上に背負ったりするのに、べたべたせぬために布海苔を引くのです。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
とどの顔も白茶けた、影の薄い、衣服前垂汚目ばかり火影に目立って、びた羅漢の、トボンとした、寂しい、濁った形が溝端にばらばらと残る。
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)