“永正”の読み方と例文
読み方割合
えいしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
して、その、世をしのぶ老士得印兼光なる主の物語というのは? はなしは、文明より永正にかけてのむかしにかえる。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
連歌の最盛時代とも称すべき文明、明応はに昨日と過ぎて、余勢なほいまだ衰へざる永正天文の間にありて、早く既に一転機の動かんとするを見る。
古池の句の弁 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
さあ、こちらを向かっしゃい、こちらを向いてこの刀、粗末ながら永正祐定を一見さっしゃい
大菩薩峠:22 白骨の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)