“椚”の読み方と例文
読み方割合
くぬぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その後、火石の原に、栗などの雑木が生い繁って平地と化したのであるが、そこへどこからともなく狸が移り棲んで繁殖したのである。
たぬき汁 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
岩山に生えたの三年枯れの堅薪で炊いた飯の、一番下と釜の底とが、移す時綺麗に離れるのでなければ、太政官は其の飯を口にしなかつた。
太政官 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
「…………。」足許での朽葉の風につてゐるのが辰男の目についてゐた。いやにしい氣持になつた。
入江のほとり (旧字旧仮名) / 正宗白鳥(著)