“椚”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くぬぎ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“椚”を含む作品のジャンル比率
技術・工学 > 家政学・生活科学 > 食品 料理2.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
残雪の間には、崖の道までにじあふれた鉱泉、半ば出来た工事、冬を越しても落ちずにある茶色なくぬぎの枯葉などが見える。
岩石の間 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
岩山に生えたくぬぎの三年枯れの堅薪で炊いた飯の、一番下と釜の底とが、移す時綺麗に離れるのでなければ、太政官は其の飯を口にしなかつた。
太政官 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)