“桃花鳥”の読み方と例文
読み方割合
とき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
毛色が白にを帯びてゐた。所謂桃花鳥色である。それゆゑ名を桃花猫と命じた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
桃花鳥は蛇を常食とするため、時々卵に異状を起し、蛇状の子を生む。