“暗色”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あんしょく50.0%
あんしよく50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
秩父の雲の明色の多いのに引きかえて、日光の雲は暗色が多かった、かれは青田を越えて、向こうのの並木のあたりまで行った。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
曙色薔薇の花、「時」の色「」の色を浮べて、獅身女面獸微笑を思はせる暗色薔薇の花、虚無に向つて開いた笑顏、その嘘つきの所が今に好きになりさうだ、僞善の花よ、無言の花よ。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)