“暗灰色”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あんかいしょく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“暗灰色”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
太陽は、いよいよ沈んで、暗灰色あんかいしょくの雲も、山岳も、丘の起伏も、深く黒い影をつけて、血の色をした海が波打っているようである。
雲南守備兵 (新字新仮名) / 木村荘十(著)
丸太組のたかい天井をおおっている暗灰色あんかいしょくぬのが、象のしわのような浪を立てて、はたはたと深夜の空にうごいている。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)