“暗紫色”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あんししよく50.0%
あんししょく50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
飴色暗紫色をした肋骨と手足の骨とが左右に一程の高さでぎつしりと積まれ、横へ幾列にか目鼻のろに成つた髑髏が掛けられて
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
港では釣が出来ると云ふので甲板の上から牛肉を餌にして糸を垂れる連中がある。三浦は黒鯛に似た形の、暗紫色に黄味を帯びた二尺の無名や「小判り」を釣つて大得意である。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
このムラサキは、山野向陽の草中に生じている宿根草で、根は肥厚していて地中に直下し、単一、あるいは枝分かれがしている。そしてその根皮が、生時暗紫色している。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)