“岩頭”の読み方と例文
読み方割合
がんとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ついに、しんぱくは、岩頭のかわりに、紫檀かられたのでした。そして、のかわりに、はなやかな電燈らしたのでした。
しんぱくの話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
異人は岩頭に坐っている。前には大河が泡を噛んで大蛇のように走っている。それらのものの背後には、鬱々と茂った緑の山が、すくすくと空にえている。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
るがごとく、えるがごとく、雷神の滝の岩頭に、果心居士の声がこうひびいた時である。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)