“寢姿”の読み方と例文
新字:寝姿
読み方割合
ねすがた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
罌粟の疲の、片田舍の廢園。蓬生に、ぐつすりるまろ寢姿——靴のにも眼が醒めぬ。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
薄掻卷けたのが、すんなりとした寢姿の、肉附くしてせるくらゐ。
人魚の祠 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
あえかの君の寢姿を、うちかけて、かい
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)