“女帯”の読み方と例文
旧字:女帶
読み方割合
おんなおび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて稽古んで、おのれの工夫真剣になる時分から、ふとについたのは、良人居間大事にたたんでいてある、もみじをらした一女帯だった。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
ゴンクウルは歌麿が蚊帳美人掛物につきて、その蚊帳の緑色女帯黒色との用法の如き全く板画にりしものとなせり。肉筆画の木板画に及ばざるの理由は布局の点なり。
浮世絵の鑑賞 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
ゴンクウルは歌麿が蚊帳美人掛物につきて、その蚊帳の緑色女帯黒色との用法の如き全く板画にりしものとなせり。肉筆画の木板画に及ばざるの理由は布局の点なり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)