“天神髷”の読み方と例文
読み方割合
てんじんまげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その頃まではこの辺の風俗も若きは天神髷またつぶしに結綿なぞかけ年増はおさふねおなぞにゆふもあり
葡萄棚 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
「あれ! お聞き、」と涙声で、枕もらぬ寝床の上の露草の、がッくりとして仰向けのい素顔にを含んだ、白い頬に、みのさした、うつくしい、妹の、ばさばさした天神髷の崩れたのに
三尺角 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「あれ! おき、」と涙聲で、らぬ寢床露草の、がツくりとして仰向けの素顏んだ、に、みのさした、うつくしい、の、ばさ/\した天神髷れたのに
三尺角 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)