“天神橋”の読み方と例文
読み方割合
てんじんばし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
坂本が防備の工事をしてゐるうちに、跡部は大塩の一行が長柄町から南へ迂廻したことを聞いた。そして杣人足の一組に天神橋難波橋との橋板をこはせと言ひ付けた。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
人通りとつては一人もない此方の岸をば、意外にも突然二台の人力車が天神橋からけて来て、二人の休んでゐる寺の門前つた。大方墓参りに来たのであらう。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
僕は天神橋から又円タクに乗ることにした。この界隈はどこを見ても、——僕はもう今昔の変化を云々するのにも退屈した。僕の目に触れるものはば出来上つた小公園である。
本所両国 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)