“牛天神”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うしてんじん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“牛天神”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
飯田町いいだまち二合半坂にごうはんざか外濠そとぼりを越え江戸川の流を隔てて小石川牛天神うしてんじんの森を眺めさせる。
その近くの牛天神うしてんじん金杉天神かなすぎてんじんともいって、別当は、泉松山せんしょうざん龍門寺りゅうもんじ、菅神みずから当社の御神体を彫造したまうとある。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)