“天神髯”の読み方と例文
読み方割合
てんじんひげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ウムウム。知っとるどころではない。それについてここの小学校の校長が……知っとるじゃろう……あの総髪に天神髯の……」
骸骨の黒穂 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
額の少し禿げた天神髯の五十位の男が出て来た。案内者と二三の会話がある。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
馬春堂は起き上がって、あわてて行儀を直し、天神髯しながら
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)