“天神地祇”の読み方と例文
読み方割合
てんしんちぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ひとり神霊は形気に属せず、ゆえに変滅なし。ないし、天神地祇は人心の神霊とともに、みな変滅せざるものなり
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
しく京及び諸国をして天神地祇名山大川には幣帛を致さむべし。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)