“大願成就”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たいがんじょうじゅ33.3%
だいがんじょうじゅ33.3%
たいぐわんじやうじゆ16.7%
だいぐわんじやうじゆ16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大願成就”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「香港の別荘に金博士は健在か! あーら嬉しや、これでもう大願成就たいがんじょうじゅだ」
いよいよ大願成就たいがんじょうじゅの第五夜となった。
「これぞ大願成就だいがんじょうじゅ吉兆きっちょう——」
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
南無なむ大願成就だいがんじょうじゅ。——」
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
え、皆んな申上げます。とゝさんは百軒目の大願成就たいぐわんじやうじゆの日だから錢形の親分の鼻をあかせるんだといつて、つまらない手紙なんか出したので、私は一生懸命父さんにお願ひして、代つて行きました。氣ばかり強くたつてあの身體で、錢形の親分さんにねらはれては、助かりやうは無いと思つたのです。
折敷のはしに『大願成就だいぐわんじやうじゆとらとしの女』と書いて、髮と折敷との離れぬやうに赤い糸でしかと結び付けてブラ下げてあるのを
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)