“大神宮”の読み方と例文
読み方割合
だいじんぐう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それで命は、急いで伊勢におくだりになって、大神宮にお仕えになっている、おんおば上の倭媛にお別れをなさいました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
そして今日なほ大神宮はなんべんてかへてもだけはのまゝに、屋根茅葺き、掘立て、そして白木のまゝで、くちぎとかつをぎが屋根についてゐて
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
気がけば急くほど身が自由にならないので、これではいけないと、荷物の上へり上がり、箪笥長持を踏み越え踏み越え、やっと、雷門の脇の大神宮様の脇をり抜けて