“天照皇大神宮”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あまてらすこうたいじんぐう50.0%
てんせうくわうだいじんぐう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“天照皇大神宮”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
道場壇上の正面、天照皇大神宮あまてらすこうたいじんぐう八幡大菩薩はちまんだいぼさつ——二柱の御名をしるした、掛軸の前には、燭火が輝き、青々とした榊が供えられていた。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
次に中に天照皇大神宮てんせうくわうだいじんぐう、右に湯武両聖王たうぶりやうせいわう、左に八幡大菩薩はちまんだいぼさつと書いた旗、五七のきりに二つびきの旗を立てゝ行く。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)