“天照皇大神”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あまてらすおおみかみ33.3%
あまてらすすめおおみかみ33.3%
てんしょうこうだいじん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“天照皇大神”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究4.5%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 民間信仰・迷信[俗信]4.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
この主婦の亡夫は南洋通いの帆船の船員であったそうで、アイボリー・ナッツと称する珍しい南洋産の木の実が天照皇大神あまてらすすめおおみかみの掛物のかかった床の間の置物に飾ってあった。
海水浴 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
中にも天照皇大神てんしょうこうだいじんの神符を神棚に納めて、朝夕礼拝するがごときは、一つは崇敬の意を表し、一つは信仰の念を深くし、よってもって良心を喚起するに至るものなり。
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)