“塚原”の読み方と例文
読み方割合
つかはら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
開元年中劫賊あり。近頃不景氣だ、と徒黨十餘輩らうて盛唐縣塚原り、數十きて金銀寶玉掠取る。に、白茅冢ぶものあり。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
新発田女、頸城郡の知良、近くは三嶋郡村田村の百合女(百姓伊兵衛がむすめ)新発田荒川村門左エ門(百姓丑之介がせがれ)塚原豆腐売春松(鎌介がせがれ)蒲原郡釈迦塚村百姓新六
新発田女、頸城郡の知良、近くは三嶋郡村田村の百合女(百姓伊兵衛がむすめ)新発田荒川村門左エ門(百姓丑之介がせがれ)塚原豆腐売春松(鎌介がせがれ)蒲原郡釈迦塚村百姓新六