“坂田金時”の読み方と例文
読み方割合
さかたのきんとき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「だが金太郎というにはおかしい。父親坂田というのなら、から坂田金時名乗るがいい。」
金太郎 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
笠鉾の上には金無垢烏帽子を着用いたしました女夫猿をあしらい、赤坂今井町は山姥坂田金時、芝愛宕下町は千羽に塩みの引き物、四谷大木戸は鹿島明神の大鯰で、弓町は大弓
頼光足柄山から山姥のを連れて来たと云うのが実説ならば、の金太郎と云うのは即ち山𤢖の一人で、文明の教育を受けた結果、後に坂田金時という立派な勇士になったのだろう。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)