“團栗眼”の読み方と例文
新字:団栗眼
読み方割合
どんぐりまなこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蟾蜍に向つて、美とは何ぞやと尋ねて見よ。蟾蜍は答へるに違ひない。美とは、小さい頭から突出た大きな二つの團栗眼と、廣い平べつたい口と、黄色い腹と褐色の背中とを
唐棧を狹く着て、水髮の刷毛先を左に曲げた、人並の風俗はして居りますが、長い鼻、團栗眼、間伸びのした臺詞、何となく犢鼻褌が嫌ひといつた人柄に見えるから不思議です。
……石頭のある、大出額で、のへのに、饒舌をムツと揉堪へ、横撫でが鼻頭をひこつかせて、こいつ、日暮里より、何處かのぎさうな、團栗眼がキヨロリとつて
松の葉 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)