“囘向”の読み方と例文
読み方割合
ゑかう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
壽阿彌は高貴の家へも囘向に往き、素封家へも往つた。刀自の識つてゐた範圍では、飯田町あたりに此人をずる家がに多かつた。
寿阿弥の手紙 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
案内して下さいとふと、「へいりました」とつてへ案内して掃除してくれましたから、の前につて縁類でもでもないが、先祖代々囘向をしながら、只見ると
塩原多助旅日記 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
むゝ、侍童めがたとらせをる。いま/\しい、何者であらう、今頃此邊彷徨うて、眞情囘向をばげをる。や、炬火ってるわ!……よ、ちっとのんでくれい。