“喜び”の読み方と例文
読み方割合
アウフレエゲン100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今さらながら類人猿の喜びの物凄さには驚歎する。この二、三日来、ほかの者が食事を持って行くと、食事を掴んでほうり付ける。怒って牙をいて、側へも寄せ付けぬ。
令嬢エミーラの日記 (新字新仮名) / 橘外男(著)