“和寇”の読み方と例文
読み方割合
わこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明の太祖の辺海和寇さるゝを怒りて洪武十四年、日本を征せんとするを威嚇するや、王答うるに書を以てす。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
と、頻りに彼を示唆したものは、後に西方から来たばてれんではなく、その地理上、当然、九州博多の一端を巣としていたわが和寇だった。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「去年は倭奴上海をかし、今年は繹騒姑蘇む。に双刀を飛ばし、りにを使う、城辺の野草、人血る」。これ明の詩人が和寇じたるものにあらずや。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)